仕事やめて世界放浪してくる

2018年7月から、世界一周の旅に行ってきます!

ベトナム⑧ 嵐のチャンアン 大雨警報発令中

 ◆ルート

日本→中国→ベトナム

 

◆現在地および移動ログ

【チャンアンの景観関連遺産】

「第二のハロン湾」、「陸のハロン湾」などと呼ばれ、美しいカルスト地形が見れる場所。

近くにある先史時代の遺跡や古都ホアルー(ベトナム最初の王朝の遺跡)とともに、東南アジア初の世界複合遺産に登録される。

 

◆2018.8.16

今日は晴れたらハロン湾に行く予定・・・。

のハズだったのに、起きた瞬間気付く。

あ~今日は無理だわ。

 

外は雨。

一応ホテルのスタッフに聞いてみたところ、「今日はハロン湾には行けないよー。」と予想どおりの答え。

 

まあ天気ばっかりは仕方ないね。

中止の場合は代わりにチャンアンに行くことになっているのだが・・・。

そもそも台風なのに行けるのだろうか?

 

 

朝飯を終わらせて少し待っていると予定通りの8時半ころに迎えのバスが来ました。

行き先を訊くとチャンアンと言う。

とりあえずチャンアンに行く気はあるらしい。

 

バスに乗り込みチャンアンまで移動します。

チャンアンまでは2時間くらい。特に遅れはなく10時半ころには最初の目的地である、バイディン寺というお寺に着きました。

 

ちなみにバスの中では、1組の台湾人の夫婦(夫が日本語ペラペラ)と仲良くなりました。

・・・と思ったのですが、聞けば夫婦ではないらしい。

男性のほうは台湾人で台湾在住。

仕事はベトナム人を日本に送り出すブローカーみたいなことをやっているため、たびたびベトナムに遊びに来るらしい。

 

そんで、女性の方は実はベトナム人で中国語がペラペラ。

英語も少し話せるため僕ともコミュニケーションが取れました。

 

というか言われてみると男性の方はどう見ても40歳以上で女性の方はおそらく20代。

2人の関係は・・・。

深入りしてはいけないところなんでしょう。

 

バスをミニバスでお寺の正面まで移動します。

 

f:id:sasetsu_u:20180817133250j:plain

 

ちなみにバイディン寺はベトナムにある寺院の中では最大規模を誇るんだとか。

f:id:sasetsu_u:20180817133258j:plain

こんな感じでけっこう広いです。

この正面のところまで移動してきます。

この時点では雨が上がっているが、またすぐに降り出しそうな雰囲気。

 

入り口にある門。

f:id:sasetsu_u:20180817133254j:plain

ガイドが色々説明してくれるのだが、あまり聞き取れず。

とりあえず”解脱”を得るための3つの方法に由来した門らしいです。

 

f:id:sasetsu_u:20180817133142j:plain

観音さまがいるお堂。

f:id:sasetsu_u:20180817133146j:plain

中にはきらびやかな仏像が。

 

お堂間を移動する渡り廊下みたいなところには、小さな仏像がたくさんおさめられています。

f:id:sasetsu_u:20180817133124j:plain

お寺全体で1万体以上いるらしい。

すごいな!

 

f:id:sasetsu_u:20180817135226j:plain

とは石の仏像もいっぱい。

1体ずつ名前がついており、異なる役割を持つ人(?)達みたい。

 

f:id:sasetsu_u:20180817133138j:plain

3階建ての鐘楼みたいな場所もありました。

 

f:id:sasetsu_u:20180817133131j:plain

f:id:sasetsu_u:20180817133135j:plain

奥右手側には常に塔が見えますが、今回は登りませんでした。

 

途中から再び雨が降り出し、一気にザーザー振りに。

f:id:sasetsu_u:20180817133149j:plain

みんなもう外に出られなくなっている。

 

もう1つのお堂の中。

f:id:sasetsu_u:20180817133153j:plain

ここには3体の観音が並んでいる。

f:id:sasetsu_u:20180817133156j:plain

 

と感じでバイディン寺を一通り見た後、レストランに移動して昼食をとる。

f:id:sasetsu_u:20180817133242j:plain

昼食はバイキングでした。(あんまりうまくなかったが。)

 

そういえば食事代もツアー代に含まれていました。

ちなみにツアーの料金は確か3,500円くらいでした。

急遽だったためあんまり覚えていない…。

 

ちなみにハロン湾より15,000VD(700円)安かったため、その分は後で返金してもらいました。

 

昼食をとった後チャンアンに移動。

ここには湖があり、ここをボートで一周できるみたい。

f:id:sasetsu_u:20180817133200j:plain

ボートは3人+船頭さん1名だったので、僕はバスで仲良くなった夫婦(?)と同じボートに乗りました。

ちなみに夫の方はチャンアンは4回目らしいので、慣れた様子でボートに乗っていきます。

 

ボートに乗り始めたときは雨が止んでいました。

f:id:sasetsu_u:20180817133203j:plain

このまま平和なクルーズになるのかと思われたが・・・。

 

第2のハロン湾なんて言われますが、ハロン湾に負けず劣らずよい景色です。

f:id:sasetsu_u:20180817133206j:plain

湖のまわりをカルストのでかい山が取り囲んでいて、なかなか神秘的。

f:id:sasetsu_u:20180817133224j:plain

 

細い道も一列になって通ります。

f:id:sasetsu_u:20180817133210j:plain

 

すこーしずつ雨が降ってきて、だんだん強くなっていっている。

やっぱり持たなかったかー。残念!

 

ただ景色は良いのであまり雨は気にならない。

 

f:id:sasetsu_u:20180817133213j:plain

湖に浮かんでいる寺。

お寺では数名の人がなにかの楽器を演奏しており、音楽があたりに響き渡っています。

 

途中、何度か洞窟を通り抜けました。

f:id:sasetsu_u:20180817133217j:plain

洞窟はかなり天井が低いところもあり、頭を伏せながら進む。

f:id:sasetsu_u:20180817133221j:plain

1時間くらいボートに乗っていると、一旦休憩ということでトイレがある場所に船が着きました。

ちなみにその頃には、天気は完全に土砂降りになっています。

 

3人でトイレに行って戻ってくると、先程ボートに乗っていた船頭さんはどっかにいってしまっていた。

あれこの状況やばくね?取り残されてる?と思うのだが、一緒に行動していた夫婦はどこ吹く風。

「とりあえず雨が弱くなるまで待ってましょうね~」みたいなことを言われたので、とりあえず一緒に待つことに。

 

まあベトナム人と、チャンアン4回目のプロがいるんだから、ついてけばなんとかなるでしょ。

 

f:id:sasetsu_u:20180817133227j:plain

とりあえず暇つぶしに写真を撮る。

 

・・・そのまま待つこと30分以上。

え?あれ?この人達ほんとに信じて大丈夫なの??と思い始めた頃、

やっと夫婦が行動開始。

 

そこらへんのスタッフに道を訊くと、どうやらここからは一度歩いて移動くことになるらしい。

夫のほうが、「あれ~そうなの~?」みたいなこと言ってるけど大丈夫か??

 

 

f:id:sasetsu_u:20180817133246j:plain

土砂降りの中、スタッフに指示された道を進む。

ここは規定のルートなんだろうか?それとも雨のせいで船が駄目になった?

もはやよくわからない。

 

途中分かれ道で迷ったりしながら10分くらい進むと、

f:id:sasetsu_u:20180817133231j:plain

昔の住居が再現されているところに出ました。

ここは正規ルートでしょ!助かった!!

 

f:id:sasetsu_u:20180817133235j:plain

そのまま進んで行ったところで再度ボートに乗れました。

10分位ボートを漕いでいくと、

f:id:sasetsu_u:20180817133238j:plain

やっとスタート地点が見えてきた!!

 

なんとか無事にクルーズが終了。

振り返れば、雨には振られたけどなかなか良いアトラクションだった。

時間も1時間半くらいとたっぷりボリュームもあり、なかなかおすすめの場所です。

 

 

これにて今回のツアーは終了。

ハノイに帰ります。

 

 

ハノイでは大学時代の先輩と一緒に夕食をいただきました。

その方はいまJICAを通してボランティアに携わっており、ちょうどハノイに駐在してたのです!

 

ベトナムにいることは知っていたのですが、完全にホーチミンだと勘違いしてて、会えないなーと思ってたのですが、

なんとか会えてよかったです。

ありがとうございました!

 

 

そんなこんなでハノイでの最後の夜も楽しく過ごし、明日は予定通りフエに向けて出発します。

ハロン湾は名残惜しいけどね!また今度で!