仕事やめて世界放浪してくる

2018年7月から、世界一周の旅に行ってきます!

ミャンマー⑪ マンダレーを歩く…歩く…

◆ルート

日本→中国→ベトナムラオス→タイ→ミャンマー

 

◆現在地および移動ログ

 

◆2018.9.11

インドビザが発行されるのは14日。

今日もマンダレーで暇を潰します。

 

マンダレーにはそこそこ観光スポットがあるみたいなんですが、正直あんまりそそられるスポットがない…。

と言うか、そろそろ普通の観光に飽きてきたんだよなあ。

誰も知らないような穴場スポットを見つけてみたい。

 

 

朝飯を食べた後ネットで調べていると、今ミャンマーではうなぎが流行っているとの情報を入手した。

ここマンダレーでもうなぎを食べられるらしいので、宿のスタッフにおすすめのレストランを訊いてみるが、「うなぎを出す店なんて知らない」とのことだった。

 

ネットでも調べてみるが、日本語ではあまりいい情報がない。

ヤンゴンの店ならいっぱいあるんだけど…。

英語で調べてみると、うなぎ専門店ではないが、うなぎを使っていそうな店が見つかったので、訪ねてみることにした。

 

 

最近思うが、つくづく日本語の情報って限られていると思う。

日本語だと全然情報がないのに、欧米人は当たり前のように知っていたりね。

もしかしたらこれが”地球の歩き方”と”LonelyPlanet”の差なのかも知れないが…。

 

昨日も、大使館でイタリア人に会ったが、彼はヤンゴンで”Abandoned amusement park”なんて呼ばれている廃墟になったテーマパークを発見したらしい。

彼は偶然発見したらしく、「ミャンマー人が変な方に歩いていくから着いていった!」なんて言ってたけど、やっぱりその行き方も英語だとネットで出てくるけど、日本語だと全然ヒットしない。

 

なんか勿体ないなーと思う。

 

 

うなぎ料理のレストランは宿から1.5kmくらいだったので歩いていってみた。

 

f:id:sasetsu_u:20180917131449j:plain

こちらがその”The Royal Mandalay”という店。

実際うなぎの料理は、甘酢あえ(?)とからあげの2品しかなかったんですが、今回は前者を選択。

 

f:id:sasetsu_u:20180917131451j:plain

パッと見なにかわからないけど、一応うなぎです。

食べてみると食感はうなぎ!正直ミャンマーの料理で一番美味しかったと思う。

確か値段は400円くらいです。

 

 

その後マンダレーの安いバーなどを探しながら街をぶらぶら。

こちらも詳しく解説しているサイトはほとんどなかったが、英語だとある1サイトだけ発見したので、それを参考に街を散策。

 

結局バーなどはほとんど覗いて値段を確認しただけだったが、サイトに載っていた情報はほとんど正しかった。

どんなふうに調べたんだろう?

作者はマンダレーに住んでいるのだろうか?

 

僕ももう少し長い時間どこかにとどまって、どっぷりその国に浸かって、徹底的にその国を調べ上げてみたい…。